米の産地

旅行にいった産地のお米がとても美味しくて、ありますか?

投稿日:2018年11月3日 更新日:

旅行にいった産地のお米がとても美味しくて、ありますか?

旅行先のホテルや旅館などで食べたご飯が美味しかったってことはありますよね。

なかには、同じお米が欲しいと考える方もいらっしゃるでしょう。

そのホテルや旅館で召し上がったお米を販売していることもあります。

そんなお米が欲しいときはとりあえず近くのお米屋さんで聞いてみるのもいいのでは。

旅行先で食べたお米が美味しかった

お客様
「先日長野県に旅行に行ったのですが、そこで食べたお米がとても美味しかったので同じお米がほしいのですがありますか?」


「長野県のお米ならありますよ」「ところで、そのお米の品種はなにですか?」

 

 

お客様
「旅館の人に聞いたら長野県のコシヒカリって言ってました」

 


「はい、わかりました。長野県のコシヒカリございますよ」

 

 

旅先で食べたお米のリクエスト

旅先で召し上がったごはんが美味しくてその時のお米と同じお米が欲しいというリクエストはけっこうあります。

 

このお客様のように産地品種名がわかる場合はいいのですが、なかには品種がわからず旅行先を聞いてだいたい使われているであろうと思われるその産地の品種を提供するということもあります。

 

今回の場合でももし、長野県だけしかヒントがなければ長野県で作られている県が奨励している品種だけでも「コシヒカリ」「あきたこまち」「風さやか」「ひとめぼれ」「天竜乙女」「ミルキークィーン」「キヌヒカリ」「きらりん」「ゆめしなの」などがあります。

 

その中でもコシヒカリが一番作られていて76%の割合です。

だからコシヒカリが使われている確率は高いだろうということはわかります。

しかし長野県内の地域も東信、南信、中信、北信と分けられていますのでこのお客様がどの地域にご旅行されたかによってこの大きな4つの地域のうちさらに細かな地域まで絞ります。

 

本当は、どの集落でつくられていたかまで絞り込めれば最高です。

 

ただ、そこまで行くとそのお米を入荷できるかどうかわかりません。

 

もうすでに、契約済みの場合や全部出荷済みになっていることもあります。

 

 

旅先のお米を探すのって細かな情報が必要なの

旅先で召し上がったそのお米と同じものがほしいのであれば細かな情報は必要です。

 

だって考えてみてください。

 

今あなたが住んでいる場所はある都道府県のどこかですよね。

 

同じ都道府県内に住んでいても街中や山間、平野部がありそれぞれ気温や日照が違いますよね。

 

私の店は京都府の京都市で京都府の南部になります。

 

京都府の北部は丹後地方といって日本海に面しています。

 

さらに、京都市の左京区という地域で比叡山という山のすぐ近くです。

 

京都市の中心街にでるより滋賀県に行く方が早いところです。
車なら5分かかりません。

 

ここで作られているお米と丹後地方で作られているお米どちらも京都府産です。

 

お米の食味や食感は違って当然です。

 

ま、丹後は丹後産として販売されていますが京都府産であることには違いありません。

 

このことからもより細かい地域までわかることで旅先で召し上がったお米に近づくことができるのです。

 

ですから、美味しいお米に出会ったらそのお店の方にどこのどのようなお米か詳しい地域まで聞かれることをおすすめします。

 

違う他府県の産地のお米を使用していることもよくありますからね。

 

 

同じお米でも食味が違う

旅先で食べたごはんと同じであろう細かい地域まで絞ったお米を購入して家で炊いて召し上がったけど「あれ、なにか違う」こんなこともあるのではないでしょうか?

 

実際にこれはよくあることです。

 

では、何が違うのでしょうか?

 

まず、水ですね。
やはり、その地域で作られたお米はその地域の水にあうと言われています。

 

そして、炊飯方法ですね。
ご家庭で炊かれる場合とそのお米の特長をよく知って商売として毎日ご飯を炊かれているお店とでは炊飯における技術が違います。

 

それになんといっても一番なのがその食事をされている環境ですね。

 

楽しい旅先で親しい方々と笑顔で食事をする。

 

何を食べるかより誰と食べるかも重要ではないでしょうか?

 

私の店でもある程度日本全国のお米を仕入れることができるのでこんなお米がないかなと思ったら下記LINE公式アカウントにご登録いただいてメッセージをいただくか
お電話にてお問合せくださいね。

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-米の産地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新潟県のブランド米の新品種、新之助は美味しいの

日本全国お米の生産地では新ブランド米が毎年ほど開発されています! その土地の風土気候に合った品種で美味しいお米作りに取り組んでいます。 そんな中、美味しいお米の生産地として名高い新潟県でもコシヒカリと …

日本一の琵琶湖が育む滋賀県の美味しいブランド米

近畿地方の方なら琵琶湖のある滋賀県はご存知でしょう。 ただ、全国的には滋賀県ってどこ? と思われている方もいらっしゃるでしょうね。 なかには、滋賀県のほとんどが琵琶湖ではと思っておられるかもいるかもし …

天使の詩という佐賀県のお米の品種

天使の詩という佐賀県のお米の品種
名前だけを見るとまさかお米とは思いませんよね。
でも、れっきとしたお米の名前なんです。

農業のエコファーマー認定制度って知ってますか?

農業のエコファーマー認定制度って知ってますか?
エコファーマーとは?

お米に1等米とか2等米ってありますが違いは何ですか?

お米に1等米とか2等米ってありますが違いは何ですか? このお米は1等米です。なんてことを見聞きしたことはないでしょか。 お米は農産物検査を受けて等級をつけてもらいます。 主に外観を重視する検査ですが、 …

カテゴリー