お米の雑学 三平屋米穀店のサービス

年間2千回以上のお米を試食しているご飯大好き店主

投稿日:2018年11月12日 更新日:

年間2千回以上の試食

「1年間で2千回以上の試食をしていると聞きましたが
ほんとうなんですか?すごいですね」

 

「はい、試食していますよ」

 

「別にすごくはないと思いますよ」
「お客さんにお届けするお米の食味を
たしかめるのは当然じゃないですか」

 

これは、ある日のお客様との会話です。

 

2千回と聞くとすごい数字に見えますが
1日平均6回ほどです。

 

日曜日や祝日はしないこともあるので
1日平均6.5回ほどで2千回になります。

 

新米の時期など多い日は9回することもあり
少ないときでも2~3回はしています。

 

ちなみに、試食用の炊飯器は
3合炊きのものが3つです。

 

 

 

なぜそんな試食回数になるのですか

「なぜ、そんなに試食回数が多いのですか?
お米ってそんなに多くの種類があるのですか?」
とそのお客様が尋ねました。

 

私は、
「さすがに2千の品種のお米は食べていません」
「でも、ある意味2千の品種とも言えなくはないかな」

 

 

「というのも、例えば京都府丹後産のコシヒカリを
玄米で仕入れたとしましょう」

 

「仮にこの生産者がAさんという方とします」

 

「そのお米を精米して、試食します」
「これで、Aさんのお米はこんな感じの食味食感なんだ
ということがわかりますよね」

 

「次に同じ京都府丹後産コシヒカリを仕入れた時に
今度は生産者がBさんでした」

 

「このお米も精米して試食します」

 

 

お客様が
「え、同じ産地なのに試食するの」
「あっ、そうか、作っている人が違うからだ」

 

 


「そうなんですよ」
「作る人が違うと同じ産地で同じ品種でも
品質が違うことがあります」

 

「それでは、またその次に京都府丹後産コシヒカリを仕入れました」
「今度の生産者は1回目に仕入れたAさんでした」

 

「これも精米して試食します」

 

 

お客様
「えーー、1回したでしょう」
「しかも同じ年産のお米なのに」

 

 


「そうなんです、またするんですよ」

 

「同じ生産者でもお米を作っている場所、
例えば川の近く、山、平野などによって
品質が変わることがあるのです」

 

「仕入れた玄米袋には田んぼの住所までは
書いてないので今回仕入れたお米が
前回と同じ場所かどうかわからないのです」

 

「ですから、産地や品種が同じで、
生産者が同じでも、そのお米を精米するごとに
試食するのです」

 

「また、仮にずっとほぼ同じ場所で
同じ生産者のお米であっても
収穫されてから季節が過ぎるごとに
品質が劣化していきますので
毎回試食して確認するのです」

 

 

 

試食をしなければいけない理由は?

お客様
「毎回試食する理由ってなんですか」

 

 


「自己満足です(笑)」

「というか、そのお米の食味や食感、品質を
確認しておかないと不安なんです」

 

 

お客様
「不安?」

 

 

私、
「私の店では、毎年、毎回
その年の品質の良い産地品種を仕入れているので
毎回試食をしなくても滅多にとんでもなくまずいお米は
ないと思います」

 

「でもね、やっぱり農産物なので品質にばらつきがあるんです」

 

「たまたま、お届けしたお米が
品質の悪いまずいお米だった場合
そのお客様にご迷惑をおかけすることになります」

 

「それに、美味しくないとお客様に言われた時に、
試食していないとその原因がわからないからです」

 

 

「食べ物なので人によって好みがわかれます」

 

「それぞれのお米を試食しておけば
お客様がまずいとおっしゃったときでも
あ~ぁ、このお客様にはこういう感じのお米は
ダメなんだなとわかりますし
違うタイプのお米をおすすめしやすいのですよ」

 

「ですから、お客様にお米のアドアイスを
するうえでも試食はとても重要なんです。」

 

 

 

試食した後残ったご飯はどうするの

お客様
「でも、そんなに試食してたらご飯いっぱいにならない
残った分どうしているの」

 

私、
「冷凍してます」
「増えてくると、嫁いだ娘や姪っ子に
食べてもらっています」

 

 

「たまに、近所の奥さんがお米炊き忘れた
と言ってきてお分けすることもあります(笑)」

 

ちょっとここで言い忘れたことが
試食の残ったご飯を冷凍する前にすることがあります。

 

炊いたご飯を試食した後
常温で一定時間置いておき、
冷やごはんになった状態で
もう一度試食します。

 

これは、お弁当とか業務店さんで
冷えたごはんを扱うことがあるからです。

 

冷えたご飯の試食は
炊き上がりで食べたご飯が
冷やご飯になったときに
どれだけ食味や食感が変わったかを把握します。

 

また、冷えても美味しいお米がわかるので
冷やご飯の試食も大変重要です。

 

ちなみにご飯のでんぷんは
温度が下がると硬くなる性質があるので
冬場は冷やご飯が硬くなりやすいです。

 

ですからあまったご飯の冷蔵での保管は
よくありません。

 

 

 

いろいろ試食しています

普通のお米に関しての試食は
上記のようなものですが
他にも

 

麦100%、70%に米30%、50%米50%、30%米70%
の割合での試食を、もち麦、玄米、もち米 雑穀等々
いろいろなパターンで試食しています。

 

 

会話の最後にお客様が

 

「大変ね」
とおっしゃりました。

 

私は、
「でも味見していない料理を出されるのが嫌なように
お米も味見してから、だしているだけなので」

 

とお答えしました。

 

 

私の店の試食方法の詳しいことや
ご意見ご質問がございましたら
下記LINE@にご登録いただいて
メッセージをいただくか
お電話にてお問合せくださいね。

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学, 三平屋米穀店のサービス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世代男女を問わずもらってうれしい贈り物として人気のあるお米

贈り物として   ずっと昔から贈り物として 親しまれている商品のひとつに お米があります。   現在でも、 ギフトショップなどでは贈答品として 人気のあるお米です。   …

端境期はお米選びが難しい

端境期、これ読めますか 端境期(はざかいき)って聞いたことありますか?   農家の方や、米をはじめ農産物に 関係したお仕事をされている方は ほとんど知っていると思います。   一般 …

飲食店さん必読のお米の選び方

飲食店さん必読のお米の選び方

同じ産地の同じ品種のお米でも味が違うの?

同じ産地のお米でも味が違う 同じ産地のお米なのになぜ味が違うの?   どういう意味か分かりますか。   この質問をされたお客様は ずっと同じ産地の同じ品種を 召し上がっています。 …

日テレ沸騰ワードでギャル曽根と山口もえが大絶賛!ご飯のお供!

日テレ沸騰ワードでギャル曽根と山口もえが大絶賛!ご飯のお供!

カテゴリー