お米の雑学

くず米販売していますか?えさにしたいんです。

投稿日:2018年12月2日 更新日:

くず米を販売しているの

Q、
「くず米って言うんですか?粒の小さなお米」
「もし販売しているのなら、買いたいのですが」

 

A、
以前は、販売していたのですが
現在はしていません。

 

ただ、いつ取りに来るか言ってくだされば
ご用意することができます。

 

 

数年に一度くらいですが
こういう問い合わせがあります。

 

ご来店されてが多いのですが
ご年配の方が多いですね。

 

聞いてみると家の庭にスズメがくるから
エサにしてあげようと思っている人や

 

散歩でいく公園にハトがいるので
エサにしてあげようと思っているなど

 

私の店では鳥のエサとして購入される
お客様が多いですね。

 

他のお店では、
お粥ように販売したり
同じエサでも犬や猫に食べさせている
お客様もいるようです。

 

あと料理好きの人は
おやつなどを作る方もいらっしゃいます。

 

 

ところで、くず米って何

くず米は屑米とも書かれることもあります。

 

籾摺り(玄米を包んでいる皮を剥く)のときや
玄米を一定の網目のふるいに通して
精選する際に下に落ちた低品位米です。

 

本来は、米菓、みそ、穀粉、ビールなど
加工原料とされるのですが

 

くず米をさらに特殊な機械で精選した
お米は、一部主食用としても使用されています。
これは、中米といわれています。
普通のお米と、くず米の中間ってことで
中米です。

 

ただし、ここで私がいう、くず米は
そんなお米を仕入れていることではなく

 

私の店で玄米(茶褐色)を精米したときに
一定の大きさの網で
ふるいにかけて下に落ちた
砕米や小さな粒のお米のことを言っています。

 

落ちたお米を集めただけなので
何も後の処理はしていません。

 

くず米や砕米、こごめは
米ぬかも少し混じっています。

 

ですから、
普通のお米に比べて
かなり安い価格で販売できます。

 

数が多く必要な場合は
お時間をいただいております。

 

くず米もいろいろ

くず米の中にも
粉々な米粒から
普通のお米を
少し小さくしたくらいの米粒まで
幅があります。

 

先ほども少し書きましたが
普通のお米に近いものは
中米として流通しています。

 

この中米も普通のお米に比べると
価格は安いですが
くず米の悪いのよりは
価格が高く、どちらかというと
普通のお米に近価格ですね。

 

以前私の店で網から落ちたこごめを
きれいに処理して5kg1250円で
販売していたのですが
かなり評判がよかったです。

 

それもそのはず、
私の店では品質の良いお米しか
精米していませんので

 

ふるいの下に落ちたお米とはいえ
良い米であることには違いはありません。

 

そのまま食べるとやわらかくというか
少しべちゃつきぎみではありましたが
当時の価格からすると美味しいと思います。

 

それに、そのお米を
普通のお米に少し混ぜて
やわらかくして食べていたなんて
お客様もいらっしゃいました。

 

ただ、普通の精米よりはぬかが混ざることが多く
夏場などはどうしても虫がわきやすくなります。

 

それに
精米したお米の一部だけが、
ふるいの下に落ちるので

 

常時たくさんの量がありませんでした。
なので、売り切れ中も多かったのです。

 

そんなこともあり、今は
そのくず米(こごめ)は販売していません。

 

でも、冒頭でお答えしたように
以前のようにきれいに処理していないくず米なら
前もって聞いていれば取っておくことはできますので
お気軽にお声がけくださいね。

 

価格も安いです。

販売しないとくず米(こごめ)はたまってきますよね。
たまったくず米(こごめ)はどうするのかなと
気になる方もいらっしゃるでしょうね。

 

ご心配にはおよびません。

 

ちゃんと業者が持って帰ってくれます。
代金はかなり安いですが。

代金を払ってもらっているので
大きな声では言えませんが
ほんと、めっちゃ安いですよ。(笑)

 

定期的に持って帰ってもらいますので
もし、くず米(こごめ)が必要な方がいる場合は

 

その分を置いておくことができるので
前もっておっしゃってくださいと
お願いしています。

 

私の店では常時網目の粗いものを
使用しているので
けっこう大きい米粒も落ちていますよ。

 

くず米(こごめ)を有効利用しようと
お考えの方はご遠慮なく
下記LINE@にご登録いただいて
メッセージをいただくか
お電話にてお問合せくださいね。

 

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ご飯茶碗一杯のお米の値段は何円でしょうか

ご飯茶碗一杯のお米の値段は何円でしょうか お米は高い食品ではありません   「お米を買うと財布の中のお金がすぐになくなっちゃう」 こうおっしゃるお客様がいらっしゃいます。   購入 …

自分だけの特別なお米をブレンドしたい比率はどうするの?

自分だけの特別なお米をブレンドしたい比率はどうするの? 自分のオリジナルブレンド米   「一度、自分でブレンド米を作ってみたいのですが どうすればいいでしょうか?」   「何かコツ …

年間2千回以上のお米を試食しているご飯大好き店主

年間2千回以上の試食 「1年間で2千回以上の試食をしていると聞きましたが ほんとうなんですか?すごいですね」   「はい、試食していますよ」   「別にすごくはないと思いますよ」 …

お米の表示は美味しさを表すものではありません

表示には有名なお米の産地品種が記載されていた   Q「表示を見て美味しいと言われている 産地品種のお米を買ったのに美味しくなくなかった」と お客様からお話がありました。 A「表示は、その袋詰 …

農業革命があなたの食卓を変えるAI・ドローン・IoTが作るうまい米

AIでつくられたお米 先日、NHKのクローズアップ現代という番組を見たお客様から 「あんたの店のお米は、AIで作ったやつか?」 標準語に訳すと「あなたの店のお米はAIでつくったお米ですか?」です。(笑 …

カテゴリー