お米の雑学 もち米

お赤飯、もちもち美味しいですよね。あなたはどんな時に食べますか?

投稿日:2018年12月20日 更新日:

晴(ハレ)の日にお赤飯

昔から晴の日にはお赤飯を食べました。晴の日といっても天気のことではありません。おめでたい日や特別な日、お正月やお盆など年中行事や、お祭り、成人式や結婚式などの人生儀礼も晴の日といいます。ようするに非日常的な日のことです。ちなみに、普段の生活の日常を表すのは褻(ケ)といいます。

一般的にはおめでたい日にお赤飯を食べると思っている人が多いのではないでしょうか。

でも地域によっては、お葬式にお赤飯を食べるところもあるようです。確かに普通の日ではないので非日常といえば納得ですね。それに、もともちは悪い事が起きた時に悪いものを取り除くために食べていたようです。


お赤飯はいつから食べられているのか?

諸説ありますが、古代米と言われる赤米や黒米がありますが、どうやらその赤米が赤飯の由来ではないかと言われています。昔から赤い色には魔除けの意味があると言われていたので特別な日に赤米を食べていたのではないかと思われます。

赤飯文化啓発協会というところのホームページによると、平安中期の「枕草子」にあずき粥としてお赤飯の原形が書かれています。祝儀用となったのは室町時代で、江戸時代後期には一般庶民のハレの日の食卓にまで広まったということです。


お赤飯の日

ところでお赤飯の日ってご存知ですか?
先ほど紹介した赤飯文化啓発協会ということろが制定しました。

おめでたい日の食事に欠かすことのできないお赤飯。そんな日本の食文化を、子どもたちへ伝えていくことを目的に、「新嘗祭」として収穫に感謝する日となっていた、11月23日をお赤飯の日としました。

私の店でこの赤飯文化啓発協会の正会員のアルファー食品株式会社さんからいただいたチラシでそんな日があると知りました。

ちなみに、私の店ではこのアルファー食品株式会社さんの出雲の国からシリーズの「お赤飯」と「山菜おこわ」を販売していますがお世辞抜きにお客様から好評です。

まぁ、原料のすべてが国内産使用ということもありますが食味もいいのでリピーターのお客様が多いです。炊飯器に入れてスイッチオンだけで普通に炊けるのも人気のひとつです。


栄養たっぷりの小豆

お赤飯に使われる小豆は古くから体に良い栄養素がたくさん含まれていると言われ大切にされてきました。ポリフェノールや食物繊維が含まれています。他にも「カリウム」や「ビタミンB1」「ビタミンB2」などいろいろな栄養素が含まれています。


お赤飯どんな時に食べますか?

普通にお好きな時に食べる方も多くいらっしゃいます。(笑)まぁ、別に晴の日だけに食べるということも現在ではなくなっていますよね。お好きな方はそれこそ毎日でも食べられるのではないでしょうか。

普段食べない方でもこんな日くらいは食べられてはいかがでしょうか。下記に少し紹介しますね。

まずは、ご自分の誕生日や家族の誕生日はいっしょに食べたいですね。あとはお祝い事もです。

1月1日お正月、1月第2月曜日成人の日、2月3日節分、3月3日ひな祭り、3月卒業式、春のお彼岸、4月入学式、5月5日こどもの日、5月第2日曜日母の日、6月第3日曜日父の日、8月15日お盆、秋のお彼岸、9月第3月曜日敬老の日、10月第2月曜日体育の日、11月15日七五三、11月23日お赤飯の日(勤労感謝の日・新嘗祭)、12月25日クリスマス、12月31日大晦日

全部でなくても気が向いたときにお赤飯を食べるのもいいもんですよ。(笑)

食べたいけれども、作るのが面倒だと思っているあなたへ良いお知らせです。

先ほども少しご紹介した「出雲の国からお赤飯」なら、洗米・つけおき不要、水をいれてすぐに炊飯器のスイッチを押すだけでお茶碗約4杯分のお赤飯ができます。

もし、気になったならこちらからどうぞ出雲の国からお赤飯


ご意見ご質問がございましたら下記LINE@にご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。


京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学, もち米
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

合鴨(アイガモ)を使った無農薬のお米美味しいの?

合鴨(アイガモ)を使った無農薬のお米美味しいの?

大嘗祭(だいじょうさい)の儀式に供えるお米!京都と栃木の斎田(さいでん)!

平成から令和に変わった5月。 今年は天皇陛下の即位に関する儀式がいくつもあります。 その中でも特に重要とされている大嘗祭(だいじょうさい)です。 大嘗祭は、天皇陛下が即位後に初めて行う「新嘗祭(にいな …

30kg用の紙の米袋販売していますか?

30kg米用の紙袋   「お米の袋分けてもらえませんか?」 工務店の車にのった男性が来店しました。   私は「30kgの玄米が入っていた米袋ですか。 すみません。今はないんですよ」 …

お米1合は何グラム、炊いたら何グラム

お米1合は何グラム、炊いたら何グラム

値段の安いお米を販売しているのか?

値段の安いお米を販売しているのか?
値段の安いお米って?

カテゴリー