お米の雑学

お米1合は何グラム、炊いたら何グラム

投稿日:2019年1月19日 更新日:

お米1合は何グラム、炊いたら何グラム

お米1合は何グラム

「お米を5合だけほしいのですがグラム数がわからなくて」
「お米1合は何グラムなのでしょうか?」

ご来店されたお客様がご質問されました。


「だいたいですが、1合は150gですね」
「5合ですと、かける5で750gになります」

すると、そのお客様が

「1合のお米を炊いたら、炊き上がったごはんは何グラムくらいですか?」
と質問されたので


「そうですね。これもだいたいになりますが、約2.2倍~2.3倍くらいです」

「2.2倍として1合は150gなので約330gですね」(暗算でなく計算機を使っています。(笑))

「5合だと750gなので炊き上がりは約1650gです」(これも計算機)


私の店では少量の量り売りをしているので100g単位で購入されるお客様も何人かご来店になります。

店頭表示では100gの単価が書いてあるので5合購入の予定でご来店されたのですが何グラムかわからなかったようです。

私の店の表示方法に問題ありですね。1合で何グラムや1合価格を書いておくべきでした。

少しだけ言い訳させていただくと、通常ご来店されたお客様とは対面販売で会話しながらお米を選んでいただくことが多く、その中で細かいことを説明させていただくようにしています。

ですから、そのへんはちょっと手抜きになっていました。反省しています。

炊き上がりのグラム数を質問されたのは、おにぎりを作る個数を計算したかったそうです。
このお客様は、コンビニのおにぎりのグラム数を参考に必要な個数を考えていたようです。


コンビニなどで通常販売されているおにぎりは具を除いたごはんだけだと100gくらいなのでそれを目安で計算するのもいいかもしれませんね。
人によって食べる量が違いますので目安の量から増減すればいいですね。

で、
そのお客様は私の店のおすすめブレンド米を5合購入していただきました。

ありがとうございます。美味しいおにぎりを作ってください。

代金はグラム数で計算しますので5合を750gとして頂戴しました。



今でも合(ごう)を使ってます

そもそも、合(ごう)というのは、尺貫法(しゃっかんほう)における面積や容積の単位でお米の場合は、容積の単位になります。

尺貫法とは、長さの単位を尺(しゃく)、体積の単位を升(しょう)。質量の単位を貫(かん)とする日本古来の度量衡法(どりょうこうほう)。1921年(大正10年)までわが国の基本単位系1959年の尺貫法廃止施行により、取引・証明ができなくなった。現在はメートル法が使われる。広辞苑より

昔ながらの言い方が今でも使われています。

ただ現在では、昔のように升(ます)で売るような量り売りはしていないので1合や1升(しょう)を購入したいお客様には、グラム数に換算して販売しています。

実際お米の品種やお米の水分含有量、粒の大きさ、精米のぬか切れなどによって容積当たりの重量はどうしても違ってきます。ですから、1合は約150gと約がつきます。計量カップに入るお米の量がお米によって変わるからです。


私の店では、以前は1合140g計算でしていました。古い料理店さんなどには、いまだに140gとして納品しています。ただ、最近は1合=150gが米業界内の説明でも定着しているので一般的にはこちらにしています。


ちなみに、1合は180mlです。ですから、調理用の200mlのカップでお米を量ってしまうとうまく炊けないのでご注意くださいね。


無洗米などぬかがまったく付着していない米粒は通常の精米の米粒より計量カップに入る量が多いため、無洗米の場合は水加減を多めしてくださいというのはこういうことからです。


できれば重量でお米も水も量れば一番誤差がないのでいいですよ。
実際私の店の試食米は、お米水ともすべて重量で誤差のないようにしています。

ちなみに、10合 = 1升(しょう)です。

ご意見ご質問がございましたら下記LINE@にご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。


京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大嘗祭(だいじょうさい)の儀式に供えるお米!京都と栃木の斎田(さいでん)!

平成から令和に変わった5月。 今年は天皇陛下の即位に関する儀式がいくつもあります。 その中でも特に重要とされている大嘗祭(だいじょうさい)です。 大嘗祭は、天皇陛下が即位後に初めて行う「新嘗祭(にいな …

七草粥なぜ1月7日に食べるのかその由来は

七草粥なぜ1月7日に食べるのかその由来は
まずは七草粥とはどんなものかご存知でしょうか?

三平屋米穀店のブレンド米は安くてまずいではなく美味しいのです

三平屋米穀店のブレンド米は安くてまずいではなく美味しいのです ブレンド米のイメージってけっこう良くないですね。 でも米屋からすればブレンド米は美味しいお米を作る腕の見せ所なんです。 年間2千回以上の試 …

値段の安いお米を販売しているの?いくらくらいの価格かな?

値段の安いお米を販売しているのか?
値段の安いお米って?

米トレーサビリティー法をご存知ですか?お弁当外食産業にも表示義務

米トレーサビリティー法をご存知ですか?お弁当外食産業にも表示義務
米トレーサビリティ法とは?

カテゴリー