お米の雑学 米の産地 美味しいお米の品種

お米の表示は美味しさを表すものではありません

投稿日:2018年11月10日 更新日:

お米の袋に表示が掲載されているのはご存知ですよね。

でもこのお米の表示は美味しさを表すものではないのです。

あくまでも、そのお米の袋に入れてあるお米がなんなのかということです。

表示には有名なお米の産地品種が記載されていた

Q「表示を見て美味しいと言われている産地品種のお米を買ったのに美味しくなくなかった」とお客様からお話がありました。

 

A「表示は、その袋詰めされているお米がどこのなんという品種でいつ作られたかが記載されているだけで味を保証するものではないのです」

例えれば平成30年産の新潟県魚沼市産コシヒカリと下記のような表示に書かれていたとしてもこれは、中味が魚沼産コシヒカリであるという証明で味が美味しいという証明ではないということです。

 

じつは、このお客様連休中にお米がなくなって(すみません、私の店も連休してましたので)仕方なく近くのお店でお米を購入されたそうなのです。

いつもは、私の店で購入していただいているのでお電話で「また、お米お願いします」だけで済んでいました。

 

私の店では、オリジナルブレンド米を食べていただいていたので他のお店に行ってもどのお米を買っていいかわからなかったそうです。

そこで、有名な産地で聞いたことのある品種の記載された表示をみて価格もいつも買っているお米くらいなのでまず、問題はないだろうと購入されたらしいのです。

そして、そのお米を炊いて召し上がったところ予想していた食味ではなかったようで冒頭のお言葉となったわけです。

 

お米の表示

お米の入った袋に表示があるのはご存知でしょうか?
下記のようなものが米袋にあるのを
見たことがありませんか?

お米はJAS法という法律で表示が義務付けられています。

上記の表示は単品の場合です。
例)産地 品種 産年 新潟県 コシヒカリ 30年産
内容量      5kg
精米年月日    30.10.10   2018.10.10  18.10.10など

ただし、2022年(令和4年)3月26日までに「精米年月日」から「精米時期」に変更になります。

 

ブレンド米の場合は、単一原料米のところを複数原料米とします。
原料玄米をすべて書いても、書かなくてもいいことになっています。
ただし、玄米で産地品種年産の検査を受けていないものは未検査米と書く必要があります。

 

外国産米を混ぜている場合も記載しなければいけません。
何割が外国産で何割が国産かを記載しなければいけません。

ちなみに、お米が陳列されているところでこの表示部分が裏側になっている場合が多いですね。

本当は表示部分がある方が表面だそうです。
でも陳列するときは目立つ裏面の方を表向けにしているお店が多いので裏が表として認知されている方が多いのではないかと思います。

 

 

米袋に表示が書いてあっても中味が違うことも

本来はあってはならないことですが表示と中味が違うことがあります。

以前より減ったとはいえ年間でけっこうな店舗数が摘発されています。

抜き打ちのDNA検査で表示と違う品種の混入が認められた場合その販売店や精米工場に調査がはいります。

それで毎年何件かの摘発があったことが業界紙などに載っています。

 

ま、私の店の主力はブレンド米なのでそのお米に関しては、はじめから混ぜてますって言ってます。(笑)

もちろん、単品で販売しているものはちゃんと表示通りのお米を入れているのでご安心くださいね。

ただ、それが美味しいかどうかは表示じゃないですよ(笑)

 

だからではないのですが私の店では、単品の場合でも特殊なものを扱うようになっています。

他店にあまり入荷していないお米や同じ産地でも細かい地域まで絞ったお米など独自の差別化に取り組んでいます。

そして、それらを含めた仕入れるお米すべての試食はかかせません。

 

お米屋さんにも不定期ですか抜き打ち調査が入ります。

帳簿や伝票をしらべ精米台帳などと照らし合わせ整合性を確認します。

仕入れてもいないお米を販売していたり、仕入れが10しかないもを100販売していたりしていないかなど。

要は、仕入れたものを仕入れた数だけ販売しているかごく当たり前のことを確認しています。

ちなみに、玄米を精米すると1割ほど減ります。
その分もきっちり計算されます。

 

私の店では、販売しているお客様と対面が多いのと私自身が精米して、袋詰めして販売しています。
何が入っているのかは自分が一番よく知っています。

それだけに、滅多なことはできません。
後はどれだけお客様に信頼されるかだけです。

 

あっそれと、このブログの画像のように新米とていう文字のシールや印刷がされている米袋がありますが新米と言っていいのは収穫された年の年内いっぱいです。

今年の秋とれた新米は今年の12月31日までは新米と言えます。

それ以降は、使ってはいけないのです。

だから、年が明けてから新米の米袋を見つけたら「もう今年の新米とれたの」っと聞いてみてください(笑)

ちょっといやらしい人い思われますね(笑)

 

お米の表示ここが聞きたいご意見ご質問がございましたら下記LINE公式アカウントにご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学, 米の産地, 美味しいお米の品種
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七草粥なぜ1月7日に食べるのかその由来は

七草粥なぜ1月7日に食べるのかその由来は
まずは七草粥とはどんなものかご存知でしょうか?

お米の名前について、品種と銘柄の違いってなんですか?

お米の名前について、品種と銘柄の違いってなんですか?

魚沼コシヒカリだけじゃない!美味しいお米はいろいろあります!

魚沼コシヒカリだけじゃない!美味しいお米はいろいろあります!

福岡のお米で夢つくしという品種

福岡のお米で夢つくしという品種

花キラリという品種、お米屋さんだけで販売されているお米

お米の品種は数多くあります。 そんななかで「花キラリ」という品種があります。 2019年産までは米屋専売の品種として販売されていましたが、この花キラリを統括していた卸会社さんが撤退したことにより202 …

カテゴリー