お米の雑学 米の産地

安い外国産のお米を何種類か販売していますか?

投稿日:2018年11月25日 更新日:

タイ米ありませんか?

お客様が
「タイ米ありませんか?」

 

私は、
「すみません、今は販売していません」

 

最近だと数年に1度くらいの割合で
問い合わせがあります。

 

大凶作と言われた平成5年産米
そのあと数年は、日本人だけにとどまらず
外国人の方も数多く私の店に
タイ米を求めて来店されました。

 

当時は緊急輸入されたタイ米を
たくさん販売していました。

 

その名残で今でも
問い合わせがあるのかな。

 

でも、あれからもう25年だから
さすがにそれはないでしょうね。
たまたまだと思います。(笑)

 

アメリカ産やオーストラリア産など
今でも仕入れられないことはないのですが
現在私の店ではあまり需要がないので
仕入れていません。

 

今後需要が多くなれば
常時販売するかもしれません。

 

平成の大凶作

平成生まれの方には
記憶にない方や生まれていない方も
いらっしゃるでしょうね。

 

平成5年は大凶作でした。

 

今でも外国産米と聞くと
この当時のことを思い出します。

 

お米パニックと言われ
米屋やスーパーなど
お米を販売する店では

 

お米を買い求めるお客様で
長蛇の列になりました。

 

Q.お米がなかったから?

 

A.そうです。
でも、それだけで
パニックが起こったわけではありません。

 

 

なぜ、パニックと言われるほど騒がれたのか

この年、大凶作に見舞われ
その頃の1年間で日本人が食べる
お米の量が不足することになりました。

 

その不足分のお米を
外国から緊急輸入することになったのです。

 

中国、アメリカ、オーストラリア、タイなどから
外国産米が輸入されました。

 

Q.不足分を輸入したのなら
お米が足りたのではないですか?
なぜ、パニックになったのでしょうか?

 

A.それは、外国産米を食べることに
抵抗がある人が多かったからです。

 

その当時もお米を食べる量は年々減っていましたが
現在から比べるとまだまだたくさんのお米を食べていました。

 

もちろん、日本で作られたお米ばかりです。

 

その頃も加工用としては少し輸入米もありましたが
主食用で外国産米は通常ありませんでした。

 

特に、戦後すぐに外国産米を
食べた経験のある方々からは
外国産米を食べなければいけないということが
非常に不評でした。

 

なぜなら、その当時は
戦後、敗戦国で食糧難の時代です。
相当品質の悪い外国産米でも
食べなければいけなかったのでしょうね。

 

私もお客様からその当時の外国産米の
評価をききましたが
何とも言えないくさくてまずいお米だったとのことです。

 

これ、同じような感想を数人に聞きましたから
ほんと、相当くさかったんでしょうね。

 

そんな嫌な思い出もあり、
いくら当時とは品質が違う外国産米でも
食べる気にはなれなかったのでしょうね。

 

ですから、
外国産米を食べるのはどうしても
嫌なので日本米を買い占めようと
考えた人たちが多くいました。

この時点では、そんなに問題にもなっていません。

 

しかし、その人たちが買い占める姿を見た人が
心配になり今度は自分たちが買い占める人になる。

地域によっては、プチパニックでしょうか。

 

その様子をテレビのワイドショーがとりあげ
それを見た人たちがまた買い占めるという
悪循環でパニックになっていました。

この時点で、全国的にパニックです。
特に都市部は大変でした。

 

お店には、お米がなくなり
なぜ売らないとお客様が怒り出し
店のシャッターをけられる騒ぎなども
いろいろな場所でありました。

 

人間の心理ですね。

 

まぁ、長期間ではありませんでしたが
1ケ月くらいはけっこう大変でした。

 

当時お米屋さんの会合に出席したら
皆さん全員がげっそりして
「体重が3kgキロ減った」
「私は2kgだ」
なんて話をされていました。

 

 

矢面に立たされた米屋たち

当時は、政府が米を販売する際
日本米と外国産米の配分を決めていました。

 

そして、外国産米の中でも
長粒のタイ米と日本米に近い粒の割合も
決められていました。

 

その割合でブレンドされた袋詰めのお米か

 

もしくは、割合はブレンド米といっしょの
日本米、タイ米以外の外国産米、タイ米の3種類を
それぞれ別の袋に詰めてセットで販売するかの
どちらかでした。

 

それを、お一人ずつお客様に説明しながら
販売していました。

 

消費者から直接怒られるのは米屋など
米を販売する我々でした。
別に私たちが決めたわけでもないのに。(涙)

 

どちらにせよ、
外国産米、特にタイ米が大不評で
セットで販売しても
料金は払うから
タイ米だけ持って帰って
と言われることも多々ありました。

 

タイ米の割合は2割だったので
10kg買うとしたら
そのうち2kgがタイ米です。

 

中には捨てる人もいて
このタイ米をどうするか
頭を悩ませていました。

 

政府もテレビや新聞雑誌などで
タイ米のいろいろな食べ方を紹介したりして
なんとか食べてもらおうとしていました。

 

私もタイ米を美味しく食べる方法を
見つけるためいろいろな食べ方で
試食しました。

 

でも、いくら料理方法を教えてあげても
はじめから食べる気のない方にとっては
いらないお節介だったようで残念な結果に。

 

結局最後はいらないと言われ持ち帰った
タイ米を格安で販売することにしました。

 

そうすると、口コミで外国人が
買いに来るようになり
何とかタイ米を減らすことができました。

 

タイ米を探していた料理店の方もおられ
外国産米も一定の需要があることがわかりました。

 

外国人の中には日本の米より
タイ米の方が美味しいのでよかったと
喜んでいる人もいましたね。

 

TPPでどうなるのか

そんな経験を経て
外国産米も料理のによっては
必要とされている方も
けっこういらっしゃるのがわかりました。

 

しかし、今後TPPで
外国産米がどのような形で
どのような価格で輸入されるかによって
需要と供給が変わってくると思われます。

 

まだ、詳しいことは全然わかっていないので
なんともいえません。

 

これからは、
大凶作による緊急輸入ではなく
品質の良い外国産米も
数多く入ってくる可能性もあります。

しかも価格が安くてです。

 

自分の国のお米を使用する方が
その国の料理が美味しくなるなら

 

そのために必要なお米を輸入すれば
需要はかなりあるかもしれませんからね。

 

パエリアやリゾットなど
お米を使用した外国の料理も
数多くありますから。

 

今後は、私の店でも
輸入米の動向を見ながら
仕入れも検討していきたいですね。

 

それによって日本のお米が
どうなるかも気がかりですが
今は正しい答えが見つかりません。

 

この件以外にもお米のことで
ご意見ご質問がございましたら
下記LINE@にご登録いただいて
メッセージをいただくか
お電話にてお問合せくださいね。

 

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学, 米の産地
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お米1kgで何日分になりますか?どれくらい買うのがいいの

お米1kgで何日分になりますか?どれくらい買うのがいいの 自分が食べているお米の量をしりましょう。   先日「お米1kgで何日分くらいですかね」と お客様に質問されました。   こ …

お米のとぎ汁を何かに使うことはできませんか?

お米のとぎ汁を何かに使うことはできませんか?

同じ品種でも産地が変われば特徴やランクがかわるのか?

品種は同じでも場所が変われば品質も変わる Q 品種が同じなのに産地によって食味や品質に違いがあるのはなぜですか?   A それはですね、極端な例でいいますと北海道と沖縄県は同じ日本ですよね。 …

お米、稲作が日本に伝来したのはいつ頃?

お米、稲作が日本に伝来したのはいつ頃?

農業革命があなたの食卓を変えるAI・ドローン・IoTが作るうまい米

AIでつくられたお米 先日、NHKのクローズアップ現代という番組を見たお客様から 「あんたの店のお米は、AIで作ったやつか?」 標準語に訳すと「あなたの店のお米はAIでつくったお米ですか?」です。(笑 …

カテゴリー