お米の雑学

端境期はお米選びが難しい!新米が良い?古米が良い?

投稿日:2018年11月29日 更新日:

端境期のお米選びは難しいです。

古米が良いのか新米がいいのか?

端境期、これ読めますか

端境期(はざかいき)って聞いたことありますか?

 

農家の方や、米をはじめ農産物に関係したお仕事をされている方はほとんど知っていると思います。

 

一般的には、意外とこの言葉知らない人が多いんです。
読み方がわからないという人もいます。
たしかに、知らないと「はざかいき」って読みにくいですね。

 

さて、この端境期(はざかいき)ですが広辞苑によると古米に代わって新米が市場に出回ろうとする時期。

 

9~10月頃の称。

 

転じて、果物・野菜などの市場に出回らなくなる時期。
広義にはさまざまな移行期をもいう。

 

と説明されています。

 

果物や野菜に関しては詳しいことはわかりませんがたぶん、季節ごとの野菜の植え替え時期なんでしょうか。

 

お米に関しては古米に代わって新米が市場に出回ろうとする時期。

 

9月~10月頃とされていますが近頃は7月や8月に早くとれるお米もありさらに11月頃に収穫されるお米もありますのでこの端境期という言葉がいつからあるのかわからないのですがお米に関しては昔より端境期の幅が広くなっているのではと思います。

 

だから、どこが端境期だと言っていいかはっきりいって難しいですね。

 

例えば沖縄の新米は6月頃もありますがこれはさすがに特別感があります。

 

これに合わせると米の端境期が5月ということになるのでちょっとおかしな感じですよね。(笑)
だって他の産地では田植えの時期ですからね。

 

宮崎も7月にコシヒカリの新米が収穫されますがこれも少し早いです。

 

他の九州あたりのコシヒカリも8月上旬に新米が収穫されますのでどうでしょう。
今は、8月くらいからでも端境期のうちですかね。

 

 

端境期のお米選び

さて、この端境期にお米を選ぶのは少し難しいですね。

 

買うのも売るのもちょっと考えないとお金も味も、損することもあります。

 

品質の良い古米なら新米がでてからでも仕入れたり在庫を持っていても十分需要はあります。

 

もちろん、価格にもよります。

 

新米の出来が良い場合や新米の価格が古米より安い年などは古米を早めにさばきたいです。

 

安くて美味しいなら断然新米の方が良いですからね。

 

この時期は仕入れもなかなか大変なんですよ。

 

だから、良い出来の産地を知るためにいろいろ情報収集しています。

 

 

意外と古米の方が美味しいときも

新潟県産コシヒカリのように産地と品種が決まっている単品だと新米が収穫される前が一番品質は劣化する時期になります。

 

昨年の秋に取れたお米がちょうど1年間になるころですから当然と言えば当然です。

 

しかし、ですよ。

 

7月や8月に収穫された新米とまだ新米が収穫前の古米だとどちらが美味しいと思いますか。

 

例えばまだ新米の収穫前の新潟県産コシヒカリと早くとれる産地の新米とを食べ比べた場合すべての人が新米の方が美味しいというとは限らないんですよ。

 

えっ、と思われるかもしれませんが実際にお客様の中にもいつも自分が食べているお米が新米になるまでは他の新米はいりません。とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

はっきり言って新米でもまずい新米もあります。

 

”まずい″、は語弊があるかも知れません。
新米だからきっと美味しいお米と期待しいて食べたら、期待していたほどは美味しくなかったという方が適切でしょうか。

 

古米でも品質の良いものは新米より美味しい場合もあります。

 

その理由のひとつとして現在では、生産地でも卸売り会社でも常温でお米を保管することがまずありません。
個人の生産者は別としてです。

 

大抵、温度湿度を管理した低温倉庫で保管していますので品質の劣化が昔ほどひどくないのです。

 

古米の品質の劣化が昔ほどでないですから、新米入荷!につられて買ってはみたものの古米の美味しいお米とそんなに差がなく期待外れだったということはけっこうあります。

 

なかには、新米じゃないのではと疑う人もいるでしょうね。

 

実際、新米でないお米を新米として販売する業者もいないではないですが最近は少ないと思いますよ。

 

ちゃんとした新米を新米として販売することは違法ではありません。

ただ、

新米=美味しい

ということではありません。

 

みずみずしさが良いというお客様がいる反面みずっぽくて味がないというお客様もいらっしゃいます。

 

ここでも、人それぞれの好みがわかれますね。

 

古米と新米のブレンド米が美味い

私の店ではこの端境期には新米の入荷状況とその食味によって新米と古米を混ぜた新米入りのブレンド米を販売することがあります。

 

他店でも新米入りのお米を販売しているところはあります。

 

食味や品質はその販売しているお店によりますが、私の店の新米入りブレンド米はかなり美味しいお米です。

自画自賛になりました。(笑)

 

でも、けっこう評判がいいんです。

 

新米のみずみずしさをいかし味わいのある古米で食味を整えるこの絶妙のバランスが人気の秘訣です。

 

端境期においてはベストのお米として販売しています。

 

とれとれの新米も良いですが端境期にはご自分で新米と古米をブレンドしてみてはいかがでしょうか。

 

思いがけず美味しいお米と出会えるかもしれませんよ。

 

ご意見ご質問がございましたら下記LINE公式アカウントにご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。

 

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-お米の雑学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お米ご飯が原因で太るんじゃない!それには単純な理由があるんです!

お米ご飯が原因で太るんじゃない!それには単純な理由があるんです!

農家とお米を年間契約する直販・直送っていいのかな?

農家とお米を年間契約する直販・直送っていいのかな?と考えている方いらっしゃいますよね。 産地直送って新鮮で美味しそうです。 それに生産者が誰かもわかりますからね。 でも年間契約となるとどうでしょうか? …

お米マイスターという資格があるらしいですが知っていますか?

お米マイスターという資格があるらしいですが知っていますか? 「お米マイスター」って聞いたことありませんか。 もともとお米屋さんの組合で考えられたものです。 米の専門店としてアピールしていこうということ …

米ぬか販売しています!健康・美容・肥料・料理・薄毛にも上手な使いかた

米ぬか販売しています!健康・美容・肥料・料理・薄毛にも上手な使いかた 米ぬかは玄米を仕入れて精米している米屋なら必ずあります。 玄米を精米するときにでる米ぬかですが、健康・美容・肥料・料理・薄毛等々い …

農業革命があなたの食卓を変えるAI・ドローン・IoTが作るうまい米

AIが農業の分野にも活用されています。 今後はさらに農業革命進み、AIやドローンそしてIoTが作るうまい米があなたの食卓に並ぶでしょう。 AIでつくられたお米 以前NHKのクローズアップ現代という番組 …

カテゴリー