三平屋米穀店のサービス

お米の頒布会していませんか?

投稿日:2019年4月21日 更新日:

お米の頒布会していませんか?

毎月違うお米を届けてくれますか?

先日お客様から毎月違うお米を5kgずつ月の中ごろに届けてくれるサービスはないのですか?と質問を受けました。

郵便局や生協などではお米の頒布会を以前からやっておられますね。
そんなこともご存知だったようですが

お米ならお米屋さんで買う方が良いかなと質問してくださったようです。
本当にありがとうございます。うれしいですね。

近頃お米は米屋で買うよりも、スーパーで買うという人の方が圧倒的に多いのですがこんなことを思っていてくれていたお客様がいたとは感激いたしました。


ですが、現在のところはそういう販売はしていません。申し訳ございません。

ただ、現在思案中でもあります。
そして、その候補のお米を検討しているところです。

というのは、このお客様に限らず少なからずそういう質問やご要望が以前からございました。

ですから、私としても12カ月分12種類のお米の候補を探していました。



ただ単にお米を届ければいいというものではありません。

毎月違うお米をお客様に届ければいいということではありません。
だから、単に12種類探せばいいということではいけないのです。



まず1番に考えなければいけないことは当然食味です。

味が悪ければいくら有名産地の有名品種でもお客様にとっては迷惑なだけですよね。
1ケ月間それを食べなければならないのですから。

現時点で食味的に良いお米の候補はかなり絞れてきました。

ただ、天候によって食味が変わることもあるので候補は多くあるにこしたことはありません。


次に、量の問題です。

せっかく食味が良いお米を探し当てたものの数が少ししかなければ多くの人に販売することはできません。かといって大量にあるお米だと抜き出た美味しさに欠けることもあります。

適度な量で特別美味しいお米を探すのはほんとうに難しいことです。
もちろん大量のお米でも特別に美味しいお米ばかりならいいですよ。

現在お試しの少量パックを12種類セットで販売しているのですが、お米によっては数量が少ないためこの商品をそのまま頒布会用商品のお米にするのはちょっと難しいですね。

生産量や契約数量をよく考え選んで行きたいと考えています。



次に選んだお米を何月にどのお米をお届けするかを決める作業です。

日本の場合お米は特別な地域以外は1年に1回の収穫になります。
ということはだいたい収穫される時期はそんなに変わらないことになります。

そこそこの量のお米なら7月下旬から11月頃に収穫されます。
特に秋は全国的にお米の収穫の季節です。

ということは、新米が重なってしまうのです。
お米によっては新米の時に食べるのが一番美味しいものもあれば、少したってからの方が水っぽさが抜けて甘みが良い感じになってくるお米もあります。

このようにお届けする時期によってお米の食味も変わる可能性がありますから、いかにベストな状態のお米をベストのタイミングで毎月届けられるかをよく考えて決めなければなりません。


そして、何キログラムにするかです。

少なすぎず、多すぎずがいいのはわかっていますが、ご家庭ごとに消費するお米の量が違います。

ですから平均を考え月5kgくらいがいいかと考えています。

いろいろな重量のコースも検討中です。


そして、販売価格です。

これは、仕入れ価格もあることですから非常に難しいですね。

安く販売できることが一番良いのですが、あまり値切って品質の悪いお米を納品されても困りますからそのへんの交渉がポイントになります。

でも一定以上の食味のお米を選ぶとなると一般的なお米よりも仕入れ価格が高めな場合が多いのは事実です。


途中でストップ、解約も

毎月購入する契約をしたものの思ったように消費できなかったり、お米をもらったりすると決まって届くお米が負担になってくることがあります。ですからそんなときは今月はストップとご連絡いただければお届けを中止いたします。もちろんその分の料金は発生しません。

同じように田舎から大量にお米が送られてきた、知り合いに頼まれお米を買うことになったなど様々な理由で予定が変わることがあります。

そんな場合は、解約もできるようにしたいと考えています。こちらも違約金などをとらない方向で考えています。


今年には販売したい

現在上記の事柄を一つずつクリアしていき、できれば今年には販売したいと考えています。

決定したらこのブログでご紹介しますね。楽しみに待っててください。


ご意見ご質問がございましたら下記LINE@にご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-三平屋米穀店のサービス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米屋よりスーパーの米の価格が安いのはなぜ?

米屋よりスーパーの米の価格が安いのはなぜ? 米屋よりスーパーのお米の価格が安いのはなぜか。 簡単にいえば、同じ産地品種でも地域や農家が違えば食味が違う。 同じ産地品種でも品質の良い物と悪いものがある。 …

お米は精米を白くすればするほど美味しいの?

お米は精米を白くすればするほど美味しいの?

美味しいお米の選び方などお米の質問、相談はお米屋さんへどうぞ

お米の質問、相談はお米屋さんへどうぞ

年間2千回以上のお米を試食しているご飯大好き店主

米屋が自分の店が販売するお米の試食をするのは当たり前ですよね。 お客様におすすめすることや時には苦情があった場合など、試食をしていないと的確な対応できません。 そんなこともあり、いつの日からか、年間2 …

お米の特集?お店が雑誌の取材で質問されたみたい

雑誌の取材 私の店でお米を納品している業務店さんに雑誌の取材があり使用しているお米の品種が何かを質問されたそうです。 そのお店のご主人が「お米屋さんにまかせていますからちょっとわからない」と答えたそう …

カテゴリー