米品質・米特徴

ぴかまる!(低アミロース米)粘りが強く軟らかい良食味お米の品種!

投稿日:

毎年良食味のお米の新品種が開発されています。
近頃ではあまり多すぎて新品種の試食も追いつかないことほどです。

 

そんなお米の新品種のなかに「ぴかまる」というお米があります。

新品種といっても、平成26年に育成されていますから数年前になりますね。

 

「ぴかまる」は粘りがあって軟らかいお米が好みだという方にはいいかも知れません。

ぴかまる

ぴかまる」の特性・特長は粘りと軟(やわ)らかさです。

 

低アミロース米の仲間です。

低アミロース米というのは、お米に含まれるアミロースという成分の含有量が低いものを言います。
このアミロースが低いお米ほどご飯の粘りが強く、冷めても軟(やわ)らかいのです。

 

低アミロース米で有名な品種にミルキークイーンというお米があります。

粘りが強いお米が好きな方は名前を聞いたり召し上がったことがある人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ぴかまるは低アミロース米ですが、ミルキークイーンほどは粘りはありません。
ただ、同じ産地のコシヒカリなどに比べると粘りはかなり強いお米です。

 

それに粒もミルキークイーンに比べ大きく張りのある米粒です。

 

ミルキークイーンなど低アミロース米にはもち臭のする品種もありますが
ぴかまるはさほど気にならない程度です。

低アミロース米特有の米粒の白濁もミルキークイーンほどではありません。

 

ぴかまるの食味

粘りが強く軟らかいのがぴかまるの特性・特長ですが、食味はどうなんでしょうか?

普通のお米よりも甘みがあるように感じます。

 

同じ低アミロース米のミルキークイーンなどと違いもち臭がさほど強くなくほどよい香りです。
匂いに敏感な方でもさほど気にならないと思います。

しかし、低アミロース米の仲間だけに粘りが強く甘い感じがします。

美味しいお米の品種であります。

 

実際ある産地で「ぴかまる」がお米のコンクールで高評価を得ています。

もちろん品種だけではなくその生産者の米作りがすばらしいことはいうまでもありません。

 

でも、品種自体が悪ければいくら米作りの達人でも美味しさには限界があります。

だから、「ぴかまる」という品種は良食味のお米だと言えます。

 

ぴかまるの通信販売

粘りが強く軟らかく甘みのある美味しいお米の品種「ぴかまる」ですがどこで販売はされているのでしょうか?

このブログをここまで読んでいただいたあなたなら一度「ぴかまる」というお米を食べてみたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

とはいえ、ネットでも「ぴかまる」を販売されているお店は少ないですね。

というのも近頃は数多くの新品種が開発されています。

その中で人気が出た品種は安定して生産や販売できるのですが、例え美味しい品種でも認知度が低かったりすると売れないということになります。

 

新品種のなかでも、やっぱりテレビや雑誌などでよく紹介される品種ほど人気があります。

自分の店だけで宣伝しても大きな広告媒体のようにはいきません。

だからどうしても認知度の高いお米の品種が売れることになります。

 

それに仕入れがしやすい品種を選ぶということもあります。

試食用としてサンプルを取り寄せることもありますが、新品種がでてもすべて仕入れることは難しいです。
もちろんお客様からご要望があればその品種の生産者などに連絡し仕入れることはできます。

ただ、その場合取引のない生産者や卸売業者だと通常の仕入れ価格よりも割高になってしまいます。
運賃なども、ついでがないので当然高くなります。

 

ところが今回ひょんなことから「ぴかまる」を入荷することになりました。

しかも通常の仕入れルートで入荷することができました。
ただし、数に限りがあり売切れ御免となります。

 

なぜかというと、嘘みたいな話なのですが
生産者が「にこまる」の種籾を買うつもりが、間違って「ぴかまる」の種籾を注文したのです。笑

「ぴかまる」は「にこまる」と「関東221号」から生まれた品種なのでまったくの他人ではないですけどね。笑

名前が似ていると言えばそうかな、でも間違えるほどでもないと思いますが。

 

ですからこの産地の「ぴかまる」は今年1回きりの販売になるかもしれません。
たぶんこの県では「ぴかまる」を生産している方はほぼいないのではないかな。

そして通常よりもかなりお買い得な価格で提供できます。

 

一度試しに召し上がりたいとお考えなら↓↓↓

売切れ御免!数量限定「ぴかまる」のご注文はこちらからどうぞ

 

 

 

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓ 友だち追加





スポンサーリンク
スポンサーリンク

-米品質・米特徴
-

執筆者:

関連記事

滋賀県産コシヒカリの新米は美味しいの?食味や食感情報!販売店は?

美味しい新米が収穫される季節になってきました! 日本一の大きさの琵琶湖で有名な滋賀県でもいろいろな品種の新米が収穫されてきています。 そんな中でも、なんといっても人気が高いのがコシヒカリです。 その滋 …

きぬむすめ(滋賀県)近江米・江州米と呼ばれる産地の新米の食味や食感は?

  きぬむすめというお米の品種があります。 平成16年(2004年)のデビューのお米です。 島根県が主産地となっていますが近畿地方でも作られたいます。 滋賀県でも近年では作付けが増えています …

イクヒカリ(福井県産)という米の品種!新米の品質は?食味や食感も!

福井県を含む北陸地方は美味しいお米がとれる産地としてもしられています。 そして、福井県といえばコシヒカリ発祥の地です。 近年ではコシヒカリを超えるお米として「いちほまれ」という新品種も開発しています。 …

新米の水加減は少なく?2019年産の新米情報の続報も!

日に日に新米の収穫が進んでいます。 あなたももう今年の新米を召し上がったかも知れませんね。 でも、新米を炊飯するときって水加減をどうすればいいかわからないことありませんか。 私の店でも、新米に切り替わ …

令和4年産(2022年)新米!いちほまれ(福井県)の品質や食味は?

【新米入荷】令和4年産福井県いちほまれ! 各産地とも美味しいお米を目指して新しい品種を開発しています。   そんななか、コシヒカリ発祥の地である福井県でも5年前にハイブランドの新品種が開発さ …

カテゴリー

スポンサーリンク