米の産地 米品質・米特徴 美味しいお米の品種

新潟県のブランド米の新品種、新之助は美味しいの

投稿日:2018年11月17日 更新日:

 

新潟県新ブランド米

 

平成29年、大々的に宣伝され発売された
新之助という新品種のお米ご存知ですか?

 

発売当時、私の店にも問い合わせが何件かありました。

 

一番多かったのが
「新之助販売していますか?」でした。(笑)

 

二番目に多かったのが
「コシヒカリとどっちが美味しいの」でした。

 

一番目の質問に対する答えは
「販売しています」
「ただし、数量が限定なので
早く売り切れた場合は今年度分は終了です。」

 

二番目の質問に対する答えは

 

「好みの問題ですね。」(笑)

 

「ほんとに、このクラスのお米になると
食味的には問題がないので
美味しさの特長がどうかの好みになります」

 

「コシヒカリとは違った美味しさや食感なので
どちらが美味しいとは言えません」

 

「新潟県の官能試験によれば
食味的にはコシヒカリと同等とのことでした」

 

「大粒なの、でつぶ感のある食感が好きなら
けっこうお口に合うのではないでしょうか」

 

この新之助なんですが
平成28年産も試験販売されていました。
この時は、産地で精米された2kg袋入りを
限定数量だけの入荷でした。

 

平成29年は本格的なデビューとあって
全国で販売希望店が多かったようです。
こちらが仕入れたい数量全部は
契約してもらえませんでした。

 

 

平成30年産の新之助は

 

私の店では、平成30年産の新之助が
すでに入荷しています。

 

30年産も予約制です。
今のところ29年産よりは少し多めに注文しても
送ってくれそうです。

 

今年の新之助の試食もすでにしています。

 

美味しかったですよ。
30年産、私的には合格点ですね。

 

入荷した新米の地域が良かったのか
それとも新潟県全体の新之助の出来が
良かったのかわかりませんが
昨年よりも少し美味しく感じました。

 

食感も、大粒なお米だけあって
まずまずのつぶ感があります。

 

硬いのが特長にあげられていましたが
少し軟らかく感じましたね。

 

表現しにくいですが味わいがありました。
う~ん、味がありましたの方がいいかな。

 

こういったバランスのいい
総合的な食味を
コクがあるというんでしょうね。

 

「なぜ、ここでコクがでてくるのですか」
そんな声が聞こえそうです。

 

新之助の特性

 

実は、この新之助の特性を
説明しているリーフレットに大きな文字で

 

きらめく大粒、コクと甘みが満ちている。

 

って書いてあるんですよ。

 

そして、その横に少し小さめの字で

 

新之助は・・・
・大粒できれいなツヤのあるお米です。
・ほんのりとよい香りがするお米です。
・甘みとコク、味の厚みが豊潤な美味しさを
・醸し出すお米です。
・粒感があってほぐれやすいが、粘りも強いお米です。
・冷めても硬くなりにくい、おいしいお米です。

 

とも書いてあるんです。

 

新潟県の新之助のHPの
炊飯米の味のバランスのグラフのページには

 

コク、味の厚み、濃さ・ボディ感、旨味、甘み(参考値)の
項目があり、他道府県の3種類のお米との
比較がされていました。

 

コクと甘み、味の厚みがたしかに
他3種よりも評価が高かったですね。

 

でもここで項目になっている
コク、味の厚み、濃さ・ボディ感
ちょとわからないですね。

 

ま、ボディ感は大粒ってことかな

 

食味って文章で表現しにくいですよね。

 

だから、たぶん私が食べて感じた
味(五味)や香り食感がうまくバランスの
とれているのがコクといっているのかな。

 

ま、一度新潟県にメール送って聞いてみますね。
返事が来たら、このブログに書き足します。

 

私の店では、新之助の販売は
現在2kg袋入りだけです。
もちろん精米は私の店でしています。

 

 

新之助やお米のことについて
ご意見ご質問がございましたら
下記LINE@にご登録いただいて
メッセージをいただくか
お電話にてお問合せくださいね。

 

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-米の産地, 米品質・米特徴, 美味しいお米の品種
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢しずくというお米の評判・特長・ランクは

佐賀県のお米夢しずく   「夢しずくというお米販売されていますか?」 というお客様の問いかけに   「数量限定ですが販売していますよ」 とお答えする私。   ところで、あ …

低アミロースのお米の品種や特徴・特性は

低アミロース米って Q. たまに、低アミロース米って言葉を聞くのですが いったいどんなお米のことを言うのですか?     A. わかりやすく説明すると、 粘りがあって軟らかいのが特 …

お米で未検査米って販売していいの?

お米で未検査米って販売していいの?

ヒノヒカリというお米の品種その評判は?産地は?

ヒノヒカリというお米の品種その評判は?産地は?

土佐天空の郷米!棚田で減農薬・減化学肥料栽培!今年も日本一へ

土佐天空の郷(とさてんくうのさと)をご存知でしょうか? 土佐(とさ)というのは高知県のことです。 そして、まるで天空を思わせるような地。 そんな地で作られているお米が「土佐天空の郷」なんです! この「 …

カテゴリー