米品質・米特徴

雪若丸!満天青空レストランでも紹介!田中圭も絶賛の山形のお米とは?販売も!

投稿日:

山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部HPより

雪若丸?
なんのことだかわかりますか?

お米の品種の名前なんですよ。
読み方は、そのまんまなんですけど「ゆきわかまる」っていいます。

このブログでも昨年も少し紹介しましたが
今年度産は、日本テレビ系の満点青空レストランという番組で紹介されたりしますので昨年以上に人気が出るかもしれません。

そんなことを聞くと一度食べてみたいなと思われるのではないでしょうか。
とはいえこのお米がどんな感じのものなのか?
あなたのお口に合うのかどうか、特性を知らなければ購入するのも躊躇しますよね。

そこで、今回はこの雪若丸を紹介しましょう。

田中圭さんも絶賛!

昨年に引き続き俳優の田中圭さんが雪若丸のイメージキャラクターに起用されています。

ご飯の試食タイムでも箸が止まらず「めっちゃおいしいです!
本当にこの、なんすかね、お米!っていう…めっちゃおいしいです」と感激。
山形牛のステーキまで登場すれば「あ~あ…すいませんね、みなさん」と
フラッシュを浴びせる報道陣を気遣いながらも“本気食い”を披露していた。

ORICON NEWSより

山形県の新品種「雪若丸(ゆきわかまる)」!

山形県では米処東北ということもありいろいろな品種のお米が作られています。

はえぬき、コシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまちなどに加え、近年は「つや姫」という品種の人気が高いですね。

そんな山形県の人気米「つや姫」の弟としてこの雪若丸が誕生しました。

まずは、雪若丸の名前の由来です。
「雪若丸」のしっかりした粒感や稲姿(いなすがた)などが男性的であること、際立つ白さとつやのある外観が雪のように美しいことを表しています。

さらに、白さとつやの特長が「つや姫」に似ていることに加え、山形県で「つや姫」の次に生まれたお米であり、「つや姫」の弟をイメージさせるのにふさわしいとして、この名称に決まりました。

山形県は雪国であり、雪は豊かな水源となり、豊かな恵みをもたらします。
そういうことからもという字がついたんですね。

 

雪若丸の特性

食味

炊飯米の白さ、外観、光沢、味が優れ、「はえぬき」より食味が優れる。

食感

しっかりとした粒感と適度な粘りが両立した“新食感”
県内産品種との比較では、粘りと硬さ(しっかりした粒感)のバランスが、これまでにない新食感。
他県産銘柄品種と比較しても同様の傾向。

と、山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部HPに紹介されています。

でも、「はえぬき」よりも食味が優れるとありますが、「はえぬき」を召し上がったことがなければいまいちピンとこないのではないでしょうか。

「はえぬき」というのは、平成3年に開発された山形県のお米の品種ですが、特性としては粘りが強く歯ごたえがあり、食味的にはコシヒカリに匹敵するほどです。
米の食味ランキングでも平成27年までは、最高位の特Aランクの評価をされていたお米です。

いまでも山形県では多く作られているお米です。

しかし、近年は平成20年に開発された「つや姫」が山形県のリーダー的なお米になっています。
つやがあり、粒ぞろいがよく、白く光る外観で、食味も甘み、うまみがあってはえぬきやコシヒカリを上回る美味しさと言われています。
そして、米の食味ランキングでもずっと特Aの評価を受けています。

雪若丸は昨年に本格デビューとなりましたが、この米の食味ランキングではいきなり特Aの評価でした。
下記をみても雪若丸の評価が高いですね。

 

山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部HPより

 

こんな人に向いている

デビューそうそう評価の高かった雪若丸ですが、誰が食べても美味しいのか?
うーんどうでしょう。やはり好みによっては合わない方もいらっしゃいますね。

このお米に限らず一定のレベル以上のお米の食味の評価は最終的には個々の好みが決め手となります。

簡単に言えば、硬めのごはんが好きな方に軟らかいごはんをすすめても、あまり美味しく感じない。
逆もありです。

甘めのお米が好きな人に淡白なお米をすすめても合いませんよね。もちろんこれも逆もあり。

 

というわけで、
雪若丸ですが、コシヒカリが好みの方には少し合わないかもしれません。
どちらかというと硬いというか歯ごたえがある感じですね。

大粒なので、粒感が大事という方には良いと思います。
どちらかというと食感重視の方に合いそうです。
もちろん味が悪いといことではありませんよ。

食感としては下記を目安にされるとわかりやすいかも。

山形県内産品種との比較
山形県水田農業試験場、平成20年~27年産]

山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部HPより

 

 

 

他県産銘柄品種との比較
[県産は農総研センター産、他県銘柄品種は 首都圏米穀店から購入(平成28年産)]

山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部HPより

今年の雪若丸

今年の雪若丸の出来はどうでしょうか?
すみません。まだ今年の新米入荷していません。

というのも新米が10月中ごろから出始めてきたところなので当店の入荷はもう少し後になります。

出来は、今年の早めに収穫されたお米は西日本、東日本とも高温による影響で品質が例年よりも悪いものが多いようです。
雪若丸のイネの高温耐性は“やや強”ですので大丈夫なのではと思います。

ちなみに、近年は高温障害が多いため、どの産地の新品種も高温耐性を考慮する傾向です。

お米の新食感を体験したいならぜひ一度雪若丸をお試しください。
私の店でも近日中に販売予定です。
5kgで2千円代後半くらいの価格です。
販売体制が整い次第このブログで追記します。

メールなどで予約やお知らせを知りたい場合は、info@sanpeiya.comまでお願いいたします。
また、下記LINE公式アカウントにご登録してくださる時に「雪若丸新米入荷お知らせ希望」と書いていただければLINEにてご連絡します。

 

ご意見ご質問がございましたら下記LINE公式アカウントにご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-米品質・米特徴
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お米が収穫される時期はいつなのですか?

お米が収穫される時期 Q お米って、いつ収穫されるのですか?   A 品種によって違うのですが早い産地だと6月に収穫されるお米があります。 一番多く収穫される時期は9月から10月にかけてです …

同じ産地の同じ品種のお米でも味が違うの?

同じ産地のお米でも味が違う 同じ産地のお米なのになぜ味が違うの?   どういう意味か分かりますか。   この質問をされたお客様は ずっと同じ産地の同じ品種を 召し上がっています。 …

新潟県のブランド米の新品種、新之助は美味しいの

  新潟県新ブランド米   平成29年、大々的に宣伝され発売された 新之助という新品種のお米ご存知ですか?   発売当時、私の店にも問い合わせが何件かありました。 &nb …

同じ品種でも産地が変われば特徴やランクがかわるのか?

品種は同じでも場所が変われば品質も変わる Q 品種が同じなのに産地によって食味や品質に違いがあるのはなぜですか?   A それはですね、極端な例でいいますと北海道と沖縄県は同じ日本ですよね。 …

新米2019年産の評価は?山形県の「雪若丸」と「つや姫」入荷!

最近毎日くらいに新米が入荷しています。 先日も、新潟県の新之助(しんのすけ)という品種。 山形県の雪若丸(ゆきわかまる)そして、つや姫(つやひめ)の新米を入荷しました。 それに、産地での厳格な品質検査 …

カテゴリー