お米の美容・ダイエット効果

ダイエット効果があった!ご飯ともち麦

投稿日:2019年4月7日 更新日:

ダイエット効果があった!ご飯ともち麦

なぜか太っている

そんなに食べていないのに太っている。

そんなに外食も飲酒もしていないのに太っているのはなぜ?

その答えが私の友人との会話の中でわかりました。



10代からの友人たち

先日10代からの友人3人と会う機会がありました。
不定期で年に数回はあっているのですが4人揃って会うのは久しぶりでした。

50代なかばを過ぎているおっさんが話すことと言えば健康のことになります。
じつは私以外みんな命にかかわる大病をした経験がありなかには現在も治療しているものもいます。

そんななかの1人が「おまえは若い頃から体型がかわらないな」と私に言いました。

それもそのはず、私以外はみんな見事に太っています。
それもいったいどうしたのと言いたくなるほどにです。(笑)

ま、それも病気の原因の1つかもしれませんね。


「俺のことより、おまえらみんな食べ過ぎなんじゃない」と私がいうと口を揃えて「そんなことない」と言うのです。

「それじゃあ外食ばっかりとか、酒の飲み過ぎなんじゃない」と言うと、また「そんなことない」でした。

ちなみに、気が置けない男4人なので「おまえ」「俺」と言葉使いが悪いのはご容赦くださいね。


「それよりもおまえがあんまり食べてないのでは?」と逆に質問されました。

「そんなことはないよ、1日に2〜3合ご飯食べてるよ、試食以外は麦飯だけど」と答えると一同「うそー!」とびっくりしていました。

私以外はご飯をそんなに食べていなかったようでした。
それなのに私の体型が変わっていなかったのが驚きだったようです。


それでは、運動をものすごくしているのではないかと思われるかもしれませんが特別何もしていません。

運動ということでは、私ではない他の1人が毎週末野球やソフトボールをしています。

ただ仕事に関していうと私以外はデスクワークが主で普段は体をあまり動かさないようです。

私は米屋と言うこともあり他の3人よりは毎日体を動かしています。

で、このことから私と3人の違いは、ご飯麦飯(もち麦)を主とした食事と適度に体を動かしていると言うことでした。


太りたくないのなら

このことから、朝からもち麦入りのご飯を食べるなど主にご飯を中心に食事をする。

そして、適度に体を動かす生活をしていると理想の体型を維持できる可能性が高いということがわかりました。

もちろんどちらにせよ食べ過ぎは太ります。でも私は現在でもほぼ毎日2合~3合のご飯&もち麦めしを食べているのに体型は変わっていませんからそれくらいなら大丈夫だと思います。

しかし、運動は重要ですしやはりしなければいけないですね。

もっとも激しい運動でなくても体を動かすことを心がけるということです。


食べ物だけで痩せるということは難しいと思います。少しは筋肉をつけて代謝をあげるようにしないと健康的にもよくないです。

この食事と運動のバランスが私と他の3人の友人との現在の体型の違いになっているのでした。

後日友人の1人から麦飯ってどうしたらいいのと電話がありました。
きっと体重いまより減るのは間違いないですね。


ご意見ご質問がございましたら下記LINE@にご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。

お米を食べてダイエット!

お米を食べてダイエット!
えっ、食べて痩せる!しかもお米を!ほんとにそんなことできるの?
実際、私があるプログラムに挑戦しました!
その結果は、痩せた?太った?
気になるあなたはこちらをご覧ください!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

-お米の美容・ダイエット効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

もち麦ダイエット効果は方法は?

もち麦ダイエット効果は方法は?

麦ごはんの炊き方、大麦は食物繊維が豊富健康にダイエットに

麦ごはんの炊き方、大麦は食物繊維が豊富健康にダイエットに

フェイスラインをスッキリ知らぬ間に筋トレになっている食事方法

フェイスラインをスッキリ知らぬ間に筋トレになっている食事方法

アスリートのご飯お米の量はどれくらい?

  今回は、日本米穀小売商業組合連合会(全国の米屋の組合)が2015年8月に発行した「Guts!スポーツ&ワーク ごはん塾ハンドブック」という冊子からデーターに基づくことをご紹介します。 こ …

炭水化物抜きダイエットで命の危機って本当?糖質制限もほどほどに!

先日放送された、日テレのザ!世界仰天ニュース見ましたか?   見てなかった方もいるかな? 実は、こんなタイトルのコーナーがありました。   炭水化物抜きダイエットで命の危機   以 …

カテゴリー

スポンサーリンク