米の産地

農家から直送で新米を購入!米袋の生産年が違うけど大丈夫なの?

投稿日:2019年10月6日 更新日:

新米がどんどん収穫されてきています。
あなたはもう召し上がりましたか?

今年の早く収穫された新米は東西にかかわらず高温障害が目立ちます。
高温障害だと米粒が小さかったり白濁した米粒が多かったりと品質や食味が例年に比べてよくないこともあります。

これから、まだまだ新米が収穫されていきますので今後の新米の出来に期待したいものです。

 

近年は、新米を農家から直接購入している方も少なくないでしょう。
先日私の店のお客様ではないのですが、質問がありました。

農家から新米を30㎏購入したのだが、米袋が昨年産のものだったということです。
まだ召し上がっていないそうですが、大丈夫だろうかということでした。

たまにこういう質問をいただくことがあります。
なので、今回はこのことについて紹介しましょう。

 

農家からの直送米の袋

近年は、お米の流通も大きく変わり産地からの直売は珍しくなくなりました。
インターネットの普及などもあり全国いろんな産地から美味しいお米を購入されるかたも多いのではないでしょうか。

ま、ショッピングモールやネットで販売している生産者であればあるていど米袋にも注意されていると思います。
もちろん5㎏、10㎏だけでなく30kgの紙袋もしっかりと表示されているものに米を詰めたものを販売されています。

でも、ちょっとした知り合いや知人の紹介で生産地から直送したお米を購入している場合はそうでないことも多々あります。
なかには、購入でなくただでもらっている方もいらっしゃいますよね。
この場合は袋がどうこうって言いにくいですね。

しかし、購入した場合は一般的な価格より安くても米袋の年産が違うと不安になるのもうなずけます。
今回のケースはこういった微妙な関係で購入したケースですね。

農家から直送米を購入される理由も様々です。

産地直送だから価格が通常より安くなる。
農薬を減らしたり無農薬での栽培方法のお米だから安心できる。
知り合いから頼まれて仕方なく。
親戚がタダで送ってくれる。

等々、他にもいろいろあります。
ですが、5㎏や10㎏に袋詰めされているお米は通常、産地や品種年産を表示しなければいけません。
これは、玄米(白いお米にするまえの茶褐色の米)や精白米(一般的に店頭にならんでいる米)でも同じです。

袋詰めされているお米の産地、品種、産年が同じものしか入っていない場合
例えば、産地:新潟県産、品種:コシヒカリ、産年:1年産や2019年産と表示されます。

他にも表示についてはありますが、今回は省略いたします。

 

今回のケースでは農家直送ということで産地はきまっています。
30㎏の紙米袋に玄米が入っていたそうです。

こういう場合の表示は30㎏の米袋に玄米の検査証明書という欄があり
そこの玄米の産地、品種、産年、重量、皆掛重量、等級印、検査印
その下に検査請求者記載欄というものがあります。
下記の画像のようなことが印刷されていたと思います。

これは、平成30年産の福井県のコシヒカリの玄米入り米袋の画像です。
ちなみに、これは無農薬栽培ですがその証明は米袋の別の場所に証明が貼付されています。

そのお米の品質により等級印が押印されます。上記の袋は1等米です。

今回質問された方は年産が30年だったのでしょう。
現在とれている新米は令和1年産ですからね。

 

違う玄米の場合は✖をする

先ほど紹介した検査証明書は検査された玄米にはすべて検査印と等級印が押印されています。

新米といって購入したのに、昨年産になっていた原因として考えられるのは
新米を送るつもりで、間違って古米を送ってしまった。
中味は新米だが、袋が古米の米袋だった。
この二つが考えられます。

私も実際その玄米をみていないので古米か新米かはわかりません。

また、仮にみたとしても保存状態がいい古米ならわからない場合があります。
保存が良いと古米の臭いもあまりしないこともあります。

食味も新米より美味しい古米もありますからね。
同じ生産者の同じ品種なら新米の方が美味しく感じると思います。

中味が新米だが袋が古米の米袋を使用していることはあります。
通常検査を受けるお米は新しい袋に詰めて検査印を押印してもらいます。

でも未検査で販売する場合は別に新しい米袋に詰める必要はありません。
1、2回使用した米袋の方が安いのでそれを使用することが生産者によってはあります。

ただし、その時は検査証明の欄に大きく✖印を書いておく必要があります。
当たり前ですよね。中味が検査証明のお米と違うとわかっていて袋にいれているのですから。

だから、たぶん今回も✖印がしてあったのではないかなと考えられます。
もしくは、✖をするのを忘れたかめんどうだからしていないかのどちらかでしょう。

もちろんこれは信用のおける生産者からお米を購入していたとしてです。
知人ならめったに古米とわかっていて新米として販売することはないでしょう。
ですから、今回の質問のケースもその農家の方とどのような関係性かもしくは、信用のおける農家なのかによります。

もし、それでも気になるときは「古い年産の米袋なんですけど新米ですよね」くらいの聞き方で問い合わせてもいいと思いますよ。
その時の対応で今後の取引も考えればいいのではないですか。

どちらにしても、農家さんから直接玄米を30㎏で購入した場合こういう1、2回使用した古い年産の米袋に入っているケースはあります。
これは、検査を受けていないということなのでもし気になるようなら検査を受けた玄米を下さいとおっしゃればいいでしょう。
それでも、検査を受けるのが面倒という農家もいらっしゃるのはたしかです。

どうしても心配なら信用のおける農家から購入するのが一番です。
これは、どこで物を買うのもいっしょですね。

私の店もお客様から信頼される店になるように心がけています。

 

ご意見ご質問がございましたら下記LINE@にご登録いただいてメッセージをいただくかお電話にてお問合せくださいね。

 

 

 

京都で創業120年の米屋・三平屋米穀店の4代目店主・大久保のこだわり

三平屋米穀店の4代目店主
大久保 義文(おおくぼ よしふみ)

生年月日1962年11月3日

年間2千回以上の試食をする
お米マイスター・大久保のこだわりとは

今ならLINEの友だち登録でお米マイスターの情報誌プレゼント!

LINE公式アカウントの友だち登録してくださった方に
お米マイスターからしか手に入らないお米の情報誌「米すたいる」をもれなく プレゼント!

友達登録した後に住所、氏名、電話番号をご記入ください。
確認次第発送いたします。

↓↓↓登録は下のボタンから↓↓↓

友だち追加

↓↓↓いろいろなお米の食べ比べがしてみたいなら↓↓↓!

お電話での問い合わせはこちら

京都の米屋 最高級米専門店 三平屋米穀店

三平屋米穀店運営のネットショップはこちら

-米の産地
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新潟県のお米が美味しいランキング上位にされる理由

美味しいお米と言えば新潟コシヒカリと思う方は多いでしょう。 魚沼コシヒカリという方もいらっしゃるでしょうが魚沼も新潟県ですよね。 それだけ新潟県のお米は美味しいという印象が強いのです。 では、新潟県の …

天使の詩という佐賀県のお米の品種

天使の詩という佐賀県のお米の品種
名前だけを見るとまさかお米とは思いませんよね。
でも、れっきとしたお米の名前なんです。

新米!西の魚沼、島根県奥出雲仁多米コシヒカリ

新米!西の魚沼、島根県奥出雲仁多米コシヒカリ 美味しいお米といえば魚沼コシヒカリ! よく耳にしますよね。 そんなこともあり、美味しいお米の引き合いに「魚沼」という名称が使われることがしばしばあります。 …

同じ品種でも産地が変われば特徴やランクがかわるのか?

同じお米の品種、例えばコシヒカリなどは多くの産地で栽培されています。 同じコシヒカリでも、栽培されている産地が変われば、その品種の特徴や米の品質ランクがかわるのでしょうか? 結論からいえば、産地によっ …

安い外国産のお米を何種類か販売していますか?

最近でこそ外国産米といっても抵抗のない人が多いですが、以前は外国産というだけで拒絶される人も多かったですね。 平成5年の大凶作の時などは緊急輸入された外国産米が不人気で大変でした。 これは、外国産を国 …

カテゴリー